コメントフォームを常設します

WP-Sweepで過去のリビジョンデータを削除する方法

WordPressには標準機能としてリビジョン機能が搭載されています。

リビジョン機能は便利ではありますが、正直利用しなくても記事の執筆・編集は十分に行えるため、機能そのものを理解しないまま放置してしまう場合が多いです。しかし、無限に蓄積されるリビジョンデータはその量によってはサイトパフォーマンスに悪影響を与えるとされています。

この記事では、これまで放置していたリビジョンデータを「Wp-Sweep」というプラグインを用いて削除する方法について解説しています。

そもそもリビジョンって何という方はこちらの記事をご利用ください。

目次

WP-Sweepとは

WP-Sweepとは、データベースを使用するWordPressが作り出す重複データをクリーンアップして、データベースの最適化を行うためのWordPressプラグインです。

WP-Sweep – WordPress プラグイン | WordPress.org 日本語

WP-Sweepのインストール

WordPress管理画面から「プラグイン」「新規追加」の順にクリックして、検索窓にて「WP-Sweep」と入力。WP-Sweepの検索結果が表示されたら「今すぐインストール」をクリックして、インストール完了後プラグインを「有効化」してください。

WP-Sweepで過去のリビジョンデータを削除する方法

このプラグインはデータベースにアクセスし操作を行うため、使用前にデータベースのバックアップを行ってください。

プラグインの有効化が完了したら、WordPress管理画面から「ツール」「Sweep」の順にクリックしてWP-Sweepの設定画面を開きます。

Post Sweep(投稿の削除)という項目に「Revisions」という欄があるかと思います。そのRevisions横にある「Sweep」ボタンを押すだけで、過去のリビジョンデータの削除が行えます。

リビジョンデータの削除後はWP-Sweepはアンインストールしても問題ありません。

これ以降に作成されるリビジョンデータへの対策

WP-Sweepを使用して簡単に過去のリビジョンデータを削除することはできました。しかし、これ以降に記事を執筆・編集するなどして作成されるリビジョンデータについても対策をしておかねば、また今回と同じようにWP-Sweepを用いてリビジョンデータの削除を行わなくてはいけなくなります。

そこで「WP Revisions Control」というプラグインを使えば、簡単に、今後作成されるリビジョンに制限を加えることができます。こちらの記事で設定方法を解説していますのでよろしければご利用ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる