コメントフォームを常設します

マイクラJE – Replay MODについての説明と入れ方 [三人称定点撮影MOD]

この記事では、Replay MODと、Replay MODで撮影した映像を書きだすためのソフトFFmpegの入れ方について解説しています。

Replay MODは、マイクラ内でカメラを使った自撮りが可能となるMODです。キャラクター視点ではなくカメラを置いて撮影できるので、作業風景を映したい際などに利用できます。

Replay MODの仕様変更について

最近の話ですが、Replay MODとFFmpegを紐付ける方法が変更されました。本記事では変更点の説明に加え、新しい紐付け方についても解説しています。

Replay MODの使い方について知りたい方は、こちらの記事がおすすめです。

目次

Replay MODとは

Replay MODとは、プレイを繰り返す、つまりプレイを録画することで、後からそのプレイを振り返ることができるMODです。録画映像はプレイヤー(キャラクター)視点ではなく、第三者(イメージとしては定点カメラ)の視点で撮影されるため、通常のMINECRAFTにおける画面録画とは異なるといった特徴があります。

Replay MODを使用する利点としては、撮影者が一人でも第三者視点での撮影が可能なことや、定点カメラとして使用することでタイムラプス撮影が容易になるなどがあります。

Replay MOD の導入の流れ

Replay MODは、最近のバージョンと過去のバージョンで、必要とする前提MODが異なります。

  • Minecraft 1.14.4以上はFabricとFabric APIが必要。
  • Minecraft 1.12.2以下はMinecraft Forgeが必要。

よって、Replay MOD導入までの流れは以下のようになります。

Replay MOD導入の流れ
  1. 前提MOD(Fabric&Fabric API 又は Minecraft Forge)の導入
  2. Replay MODの導入
  3. FFmpegの導入

作業1に関しては、使いたいMinecraftのバージョンに合わせて、前提MODを選択してください。

作業3の「FFmpeg」とは、Replay MODで撮影した映像を書きだすためのフリーソフトウェアです。Replay MODで撮影した映像を、編集ソフトを使用して編集したいといった際に必要となるものです。Replay MODの導入を検討されている方の大多数が必要とするソフトだと思いますので、本記事にて解説を行っておきます。

前提MOD(Fabric&Fabric API 又は Minecraft Forge)の導入

前提MODの入れ方については、こちらの記事で解説しています。

Fabric&Fabric APIの入れ方
Minecraft Forgeの入れ方

Replay MODの入れ方

影MODを適用したマイクラにReplay MODを入れる場合、頭の片隅に留めておいた方が良い事項があるのでこの場でお伝えします。Fabric、OptiFine、Repaly MODを同時に使用する場合、「OptiFabric-0.7.1.jar」を使うとMinecraftがクラッシュする場合があるようです。他のバージョンのOptiFabricを使う場合には問題ないようです。どうしても「OptiFabric-0.7.1.jar」を使わなければならない場合は、保険として、ゲームディレクトリを指定したプロファイルを使われることを推奨します。

Replay MODのダウンロード

下記リンクよりReplay MODの公式サイトに移動してダウンロードの作業を行います。

「Download」又は「Download now」をクリック。

Minecraftのバージョンに合わせたReplay MODの一覧が表示されるので、その中から必要とするバージョンを選択し「Download」をクリック(※一部のMinecraftのバージョンには対応していないようです)。

ダウンロードしたファイルは一先ずそのままにしておいてください。

Replay MODのインストール

Replay MODを入れたいプロファイルにて指定しているゲームディレクトリを開きます。

本サイトを参考にゲームディレクトリを指定している場合は、以下の階層にあるはずです。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\.minecraft Game Directory\
  1. 「Windowsキー」+「Rキー」で「ファイル名を指定して実行」を呼び出す。
  2. 「%Appdata%」と入力する。
  3. 「OK」をクリックし、開いたウィンドウから「.minecraft Game Directory」を探して開く。

「.minecraft Game Directory」内から使うプロファイルのフォルダを選択して開く。

「mods」フォルダに、先程ダウンロードしたReplay MODの.jarファイルを放り込む。

以上でReplay MODの導入は完了です。

導入確認

Replay MODが正常に入っているか確認しましょう。

Minecraft Launcherを起動して、先程Replay MODを入れたプロファイルにて「プレイ」をしてください。

Replay MODを初めて利用する方はアカウント登録の画面が表示されます。登録自体は簡単なもので「登録」をクリックすれば、アカウント登録画面が表示されます。ですが、ここでは一先ず「スキップ」をクリックして下さい。アカウント登録は次回起動時にも可能です。

マイクラのTOP画面にて「リプレイビューワー」と表示されていれば導入成功です。

以上でReplay MODの導入は完了です。

注意事項(2021/05/30追記)

現在、1.16系や1.12系にてReplay MODが正常に動作しない場合があるようです。

このような時には、まずReplay MODのダウンロードページにて、旧バージョン(Replay MOD v2.5.2ではなくv2.5.1以下)のものを手当たり次第に試してみると良いかと思います。

それでもダメだという場合には、PC内の全てのMinecraftデータ(savesフォルダなどの重要データのバックアップを取った後)を削除し、Minecraft Launcherも削除、再度Minecraftを公式ページよりダウンロードされると解決する可能性もあります。

FFmpegの入れ方

FFmpeg(エフエフエムペグ)は動画と音声を記録・変換・再生するためのフリーソフトウェアである。

Wikipedia/FFmpeg

FFmpegは、Replay MODを利用して撮影されたMinecraftの映像を書き出す際にも使用できます。Replay MODで撮影した映像を、何らかの用途(編集など)で用いる場合に、Minecraftの外部に書き出そうとするならば必ず必要となります。

Replay MODの仕様変更に伴うFFmpeg導入方法の変更について

Replay MODの仕様変更があり、FFmpegの導入方法が変更されていたため情報を更新しました。

  • 以前までは「FFmpegのzipファイル」に加え「ffmpeg-path-installer」が必要であったが、Replay MODの仕様変更により「ffmpeg-path-installer」が不要になった。
  • 以前まではパスを使いFFmpegに「.minecraft」フォルダの場所を認識させていたが、「.minecraft」フォルダ内にFFmpegを置くだけで認識が可能になった。

FFmpegのダウンロード

下記リンクよりFFmpegのダウンロード作業を行います。

リンクを飛ぶと「1.2.1 Windows」の欄に、「https://www.gyan.dev/ffmpeg/builds/ffmpeg-release-essentials.zip」というURLリンク(たぶん緑色)があると思います。MacOSの方は「1.2.2 MacOS」の箇所に案内があります。

このリンクをクリックすると最新のFFmpegがダウンロードできます。

FFmpegのインストール(Replay MODとの紐付け)

マイクラのフォルダはパソコン上では以下の階層に存在します。ご自身で変更されている場合は別。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\.minecraft

最新のReplay MODでは、この「.minecraft」フォルダ内にFFmpegのzipフォルダがあれば動作するようです。

なので以下のようにFFmpegのzipファイルを解凍したうえで配置してください。

#「ffmpeg-4.3.2-2021-02-27-essentials_build」は「ffmpeg-release-essentials.zip」を解凍したもの。細かな数字はダウンロードしたタイミングで変わりますので気にしないで。
C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\.minecraft\ffmpeg-4.3.2-2021-02-27-essentials_build

以上でFFmpegの「インストール」および「Replay MODとの紐付け」は完了です。

おまけ

Replay MODの使い方やFFmpegを利用した動画の書き出し方法についてはこちらで解説しています。よろしければ参考にしてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (4件)

  • 拝見させて頂きました。手順に沿い1.12.2-2.5.2のreplaymodを導入し起動しようとしたところ、クラッシュしてしまいます。エラーコードは0で、試しに1.12.2-1.4.2にした所エラーコードが-1に変わりました。

    以下クラレポ
    The game crashed whilst initializing game
    Error: java.lang.NoClassDefFoundError: net/minecraft/client/renderer/entity/RenderTippedArrow
    終了コード:-1

    ffmpegはwindows版をインストールしております。
    マインクラフト自体は以前から1.12.2を使用しており、Forgeなどの導入も済んでおります。
    (replaymodを導入して起動する時だけクラッシュします)
    (バージョンが一致していることも確認済みです)

    何か対策出来る事はありますでしょうか?

    • 以下の条件でMinecraft 1.12.2にreplaymodを導入してみました。

      • Minecraft-1.12.2
      • 1.12.2-forge-14.23.5.2854
      • twilightforest-1.12.2-3.11.1021-universal
      • replaymod-1.12.2-2.5.2

      結果としましてはこの形では正常に動作しておりました。

      replaymodの1.12.2を使用されるということは、Minecraft Forge以外に何かしらのMODを利用されているのでしょうか。
      もしそうであれば、replaymodがForge以外のMODと競合を起こしている場合が考えられます。

      また、ffmpegに関してはMinecraft起動時のクラッシュ原因になることは無いと私は考えています。

  • 初めまして。Replay Modの導入について質問があり、コメントさせていただきました。
    全てのファイルを適切な場所にインストールしたのですが、リプレイビューワーが表示されません。
    以下、行った手順です。

    前提modのFabricをインストールし、launcherでプレイ押下後のトップ画面も、別記事に添付されていた通り(英語、左下にFabric modded)にできました。
    その後APIをインストールし、Roaming/.minecraft Game Directory/”任意の名前”/modsへ入れました。この時launcherで開くと、言語は日本語になっていました。表記の内容は変わらずです。
    最後にreplay modをインストールし、APIと同様の場所に入れてlauncherを起動したところ、API導入後と同じトップ画面が出てきて、アカウント登録画面もリプレイビューワーの文字もありませんでした。

    以上です。何かおかしなことをしていたり、アドバイス等いただける箇所がありましたら、ご指摘いただけると幸いです。

    • コメント欄掲載期間の件で二度手間をお掛けする形となり、誠に申し訳ありません。
      記事に関する質問でしたので、今後、同じような症状で悩まれるかもしれない方々への助けにもなるよう、こちらのコメントフォームより対応させていただきたいと思います。

      送っていただいたメールの内容を見る限り、Fabric APIの導入までは問題なく出来てると感じました。一方で、Replay MODの導入に関しても、手順は問題ないように思えました。

      では、どこに問題があるかということですが、Minecraft及びFabricのバージョンとReplay MODのバージョンが異なっている可能性はないでしょうか。
      また、『Minecraft1.14.4』『Minecraft1.15.2』『Minecraft1.16.1』『Minecraft1.16.2 1.16.3 1.16.4 1.16.5』以外のバージョンを使われている可能性はないでしょうか。

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる