コメントフォームを常設します

Jupyter NotebookでNo module namedが生じた場合の解決方法

Jupyter Notebookを使用していてNo module namedが生じることは日常茶飯事。

No module namedの原因は以下の二つ。

  • 指定したモジュールが存在しない。
  • 指定したモジュールは存在するが未インストールである。

どちらも結局「pip install」に行き着くわけだけど、「Jupyter Notebookを使っている」→「Anacondaを使っている」→「仮想環境沢山」となると、Anaconda Promptを起動してpip installしてもNo module namedが解決しない場合がある。

そう、使用している仮想環境が多すぎて、管理できてない場合とか。

で、なんとかならんのか、もっと手軽に出来んのかと調べてたら便利なものを見つけた。

!pip install モジュール名

「!」をpipの前に付けることでAnaconda Promptを使わなくても、Jupyter Notebook上でシステムコマンドの実行が可能になる。

#Jupyter Notebookのセル内にこんな感じで書いて使う
!pip install sklearn

Anaconda Prompt上で行うよりも、インストールに時間は掛かる気がするけど、仮想環境を間違えることがないし、そもそもJupyter Notebook上で完結する分、手間が省ける。

Jupyter NotebookでNo module namedが生じたら、一つ上のセルで「!pip install」を使うだけ。

プログラミング独学人間なので、もしかしたら、一般的な方法かもしれないけれど、便利な方法を見つけて喜んでいる。

皆さんも是非。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる