LIFE IS A JOURNEY vol.2 更新 >>>

マイクラJE – 前提MOD Fabric API の入れ方

この記事では、MinecraftでMODを動作させるために必要される前提MODの一つ、Fabricを利用する際に必要となる、Fabric APIの入れ方を解説しています。

Fabricの入れ方をお調べの方は、こちらの記事がおすすめです。

目次

前提MOD Fabric API とは

Fabric APIとは、MINECRAFTで前提MOD Fabricを使用してMODを導入を行う際に必要となるAPIです。

FabricとFabric APIをセットで入れることで前提MODとして機能します。どちらか片方のみでは機能しません。また、導入の順番は「Fabric」→「Fabric API」であり、逆の順序で入れることはできません。

この記事をお読みの方で、まだFabricを入れていない方は、先に入れておくことをおすすめします。

Fabric API の入れ方

Fabric API 導入の流れ
  1. Fabric API のダウンロード
  2. Fabric API を適切な階層に配置
  • Fabric APIはMinecraftと同じバージョンでないと動作しません。Minecraft 1.14.4にはFabric API 1.14.4、Minecraft 1.13.2にはFabric API 1.13.2といった感じです。遊びたいMinecraftのバージョンに合ったFabric APIを入れてください。
  • Fabricを入れていない状態で、Fabric APIを入れることはできません。

Fabric API のダウンロード

下記リンクよりFabric APIの公式サイトに移動してダウンロードの作業を行います。

今回重要となるのは「Description」「Files」「Issues」「Source」「Relations」の内の「Files」という箇所。ここをクリックするとFabric APIの様々なバージョンファイルを確認できます。

「Files」をクリック。

色々なバージョンのFabric APIが表示されたと思いますが、この中から自分が必要とするものを探してください。

ポイント
  • 「R(緑)」はRecommended(安定板)、「B(青)」はbeta(ベータ版)。基本的には安定板を使ってください。スナップショットなどで使う場合は「B」を使ってください。
  • 同一バージョンのFabric APIが複数ある場合は、更新日(uploaded)が一番最近のものを選んでください。
  • 当たり前ですが、MinecraftとFabricのバージョンに合わせたFabric APIを入れましょう。

欲しいバージョンが見つかったら「↓(ダウンロードマーク)」をクリック。ダウンロード画面が表示されます。

画面中央のカウントが0になりダウンロードが完了すると、ウィンドウ左下に警告が表示されます。警告内容を十分に理解したら「保存」をクリック。

以上でFabric APIのダウンロードは完了です。

Fabric API を適切な階層に配置

ダウンロードしたFabric APIを適切な階層に配置します。

やることは簡単で、Fabricのプロファイルで「起動構成の編集」をした際に指定した「ゲームディレクトリ」内にある「mods」フォルダに、先程ダウンロードしたFabric API「fabric-api-X.XX.X+X.XX.jar」を置くだけ。

とは言え、初めてやるとよくわからないと思うので、順を追って説明します。

まず、本サイトの「マイクラJE – 前提MOD Fabricの入れ方」を参考にゲームディレクトリの指定をしている場合、以下の階層に「.minecraft Game Directory」というフォルダがあります。

# Windowsの場合
C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\.minecraft Game Directory

# Macの場合
~\Library\Application Support\.minecraft Game Directory

まずはここにアクセスしましょう。

  1. 「Windowsキー」+「Rキー」で「ファイル名を指定して実行」を呼び出す。
  2. 「%Appdata%」と入力する。
  3. 「OK」をクリックし、開いたウィンドウから「.minecraft Game Directory」を探して開く。

すると、Fabricの入れ方編の際に指定したゲームディレクトリが出てくると思います(私の場合は「modern city」)。

指定していたディレクトリを開くと中身が以下の画像のようになっているはずです。

最後に、ディレクトリ内の「mods」フォルダを開いて、先程ダウンロードした「fabric-api-X.XX.X+X.XX.jar」を入れれば作業完了です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

※スパム対策をしております。コメントは日本語で入力してください。

CAPTCHA

目次
閉じる