LIFE IS A JOURNEY vol.2 更新 >>>

ゲーミングコントローラーのデッドゾーンとは

FPS系ゲームの設定項目に必ずあるデッドゾーン。初めてFPS系ゲームをやる方は勿論ですが、これはゲーミングコントローラー特有の設定項目であるため、キーボード&マウスからコントローラーに移行した方でも何の設定項目かわからないという場合があるのではないでしょうか。

この記事ではそんなデッドゾーンという設定項目について解説しています。

目次

ゲーミングコントローラーのデッドゾーンとは

ゲーミングコントローラーにおけるデッドゾーンとは、スティックの遊び幅のことを指します。デッドゾーンで指定した数値に合わせて、スティックの反応範囲が変わります。よく車のハンドルに例えられたりします。ゲーム側の説明では「スティックに触れていない間の視点移動を防ぎます」のように書かれている場合が多いです。

デッドゾーンはスティックごとに調整可能である場合が多く、移動用のスティックと視点操作用のスティックで個々に設定する必要があります。

デッドゾーンの値を小さく取ると、遊び幅が減り、スティック操作の遅延が減ります。値を大きく取ると、遊び幅が増え、スティック操作の遅延が生じます。

何故ゲーミングコントローラーにはデッドゾーンという設定項目があるのか

デッドゾーンはコントローラー特有の設定項目であるため、そもそも何でこんな設定があるのかと思われる方もいるのではないでしょうか。

デッドゾーンの説明では「スティックに触れていない間の視点移動を防ぎます」のように書かれている場合が多いですが、これにはゲーミングコントローラーの仕様が関係しています。

ゲーミングコントローラーのスティックには当たり外れがあります。一度デッドゾーンの値を最小値に設定してみてください。お使いのコントローラーによっては、ゲーム内の視点が勝手に移動する場合があります。これがコントローラーの当たり外れです。

ゲーミングコントローラーのスティックというものは非常に繊細な部位であるため、元々スティックが傾いた状態で組み込まれているケースがあります。不良品と思われるかもしれませんがそうではなく、元々そういう仕様であるということです。そのため、スティックが100%中央に垂直に組み込まれている場合は大当たり、少し傾いている場合は当たり、どうしようもなく傾いている場合には外れとなります。

こういった背景があるため、ゲーミングコントローラーで繊細な操作が求められるFPS系のゲームではハード側での調整ではなく、ソフト側(ゲーム内設定)にて調整が可能なようになっています。その役目を果たす設定項目がデッドゾーンというわけです。

デッドゾーンのおすすめ設定

ではデッドゾーンの設定はどのようにすればいいのか。結論としましては、お使いのゲーミングコントローラーに合わせて可能な限り数値を下げるです。具体的に説明します。

デッドゾーンの数値が小さいほど遅延は減少します。数値が大きいほど遅延が生じます。基本的にFPS系のゲームでは、ハイパフォーマンスを出すために可能な限り遅延を減少させる必要があります。そのため、デッドゾーンの値を大きく取り遅延を生じさせるのではなく、可能な限りデッドゾーンの値は下げる必要があります。また、デッドゾーンの値を大きく取り遊び幅を設けるということは、それだけスティックの使用可能範囲を狭めるということです。よってデッドゾーンの値は可能な限り下げることが重要です。なお理想値は0です(ただコントローラーの仕様上難しい)。

基準をどうするかですが、基本的には、ゲーム内の視点が勝手に移動しない数値まで下げるようにしましょう。

勝手に動かない数値が意外と大きく遅延が不安という方は、一段階数値を下げても良いかもしれません。すると視点が若干動いてしまうかもしれませんが、ごく僅かな動きであれば近中距離のエイムにはそれほど影響を及ぼさない場合があります。ただSRのような遠距離武器で長距離を狙う場合には、勝手に視点が引っ張られることで多少の影響は出る場合もあります。

大当たりのゲーミングコントローラーというものはなかなか希少であるため、一般的にはデッドゾーンの値はある程度は妥協しなければなりません(もしくは人力で全てを補うか)。コントローラーでゲームをする場合はある程度の妥協が必要です。

繊細なエイムが苦手な方へ

私はXbox ワイヤレスコントローラー + USB-C® ケーブルを使用してFPS系のゲームを遊ぶのですが、このゲーミングコントローラーの上位モデルにXbox Elite ワイヤレスコントローラー シリーズ 2というものがあります。

WindowsやXbox、Android用のコントローラーなのですが、このコントローラーにはスティックを倒す際の硬さを、ハード面で調整できるという特徴があります。このコントローラーでもスティックの当たり外れはありますが、スティック自体を自分好みに調整可能であるため、デッドゾーンの数値はそれほどシビア(勝手に動かない数値)に設定しなくても良いというメリットがあります。若干視点が動いたとしても、繊細なエイムができる環境さえ整っていれば問題はほぼ無いというわけです。

どうしてもデッドゾーンが気になる、また、コントローラーの当たり外れに極力左右されたくないという場合には、Xbox Elite ワイヤレスコントローラー シリーズ 2をおすすめします。

Xbox ワイヤレスコントローラー + USB-C® ケーブルに関しては使用感などについて以前レビューしています。もしこちらを検討されているようでしたら、過去記事をご利用ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

※スパム対策をしております。コメントは日本語で入力してください。

CAPTCHA

目次
閉じる