LIFE IS A JOURNEY vol.2 更新 >>>

マイクラJE – 影MOD BSL (BSL Shaders) の入れ方

この記事では、マイクラJE (Minecraft Java Edition) への影MOD BSL (BSL Shaders) の入れ方を解説しています。

BSL Shadersは比較的軽めの影MODでありながら、非常に綺麗な陰影処理を施すため、SEUS Renewedと並び人気な影MODです。

影MODについて知りたい方は、こちらの記事がおすすめです。

目次

影MOD BSL(BSL Shaders)とは

影MOD BSLは世界で約250万ダウンロードもされている有名Shader Packs。

白色系の青みが特徴的で、SEUSと比較すると柔らかみのある処理がされている。SEUS Renewedよりも軽いため、高スペックのパソコンでなくとも使用できる。なお、NVIDIA GeForce GTX750か似た性能のもの以上のグラフィックボードが推奨されている。

SEUS Renewedと並び人気なMODであり、カスタマイズ性の高さも多くのユーザーから指示を得ている理由である。

BSL Shadersの最新バージョン情報

スクロールできます
制作者capttatsu
公式サイト(配布場所)BITSLABLAB – BSL Shaders
MINECARFT対応バージョンMinecraft:1.12.2~1.17.1
前提MODOptiFine
BSL Shadersの最新対応情報

通常、Shader PacksはMinecraftバージョンの影響を受けません。しかし、BSL Shaderの制作者であるcapttatsuさんによると、BSL Shadersの最低推奨バージョンは1.7.10のようです。

影MOD BSLを入れる手順

BSL導入の流れ
  1. Minecraftの動作確認(事前準備)
  2. 前提MDOの導入(事前準備)
  3. 軽量化MOD OptiFineの導入(事前準備)
  4. 影MOD (Shader Packs) の導入

この流れの中で特に重要な項目は作業3と4です。この作業は必ず行ってください。

作業1に関しては、説明を読んだ上で、必要な方は行ってください。

作業2に関してはバニラに直接導入を考えている方はスルーして大丈夫です。他のMODも入れる予定の方は、忘れずに作業をしておきましょう。

  • 遊んだことのないバージョンに影MODを入れる場合、必ず、作業1の工程を踏んでください。後々エラーを吐く原因になります。
  • Minecraft・前提MOD・OptiFine、この3つのバージョンは揃えてください。
  • 基本的にどのShader Packsでも、導入の流れは同じです。

影MOD BSLを入れる前に行うべきこと

Minecraft の動作確認

未だ遊んだことがないMinecraftのバージョンへのMOD導入を検討されている場合は、予めMODを入れる前にMinecraftをプレイしておく必要があります。理由は以下です。

  • 目的のMinecraftバージョンのファイルを予め自動的にダウンロードするため。
  • MODを導入したことで障害が発生した際に、MINECRAFTに問題があるのではなくMODに問題があったのではないかと推測しやすくなるため。
Minecraft の動作確認手順

やることはシンプルで、対象バージョンのワールドを作成してワールドデータを読み込み、バグなどの問題が発生していない確認するだけです。

  1. Minecraft Launcherを起動。
  2. Installations(起動構成)をクリック。
  3. 「(+)New…(新規作成)」をクリック。
  4. 「NAME(名前)」を適当なものに変更。
  5. 「VERSION(バージョン)」を適当なものに指定。
  6. 「Create(作成)」をクリック。
  7. 作成したプロファイルで「Play」をクリック。
  8. 「シングルプレイ」→「ワールド新規作成」。
  9. 地形データが読み込まれマイクラの画面が表示されたら少し歩き回る。
  10. マイクラを終了させて終わり。動作確認は完了です。

※動作確認の過程でバグがあるようでしたら、MOD導入の前に解決しておきましょう。

前提MODの導入

マイクラに影MODを入れるにあたって使用される前提MODは以下の二つです。

  • Minecraft Forge
  • Fabric&Fabric API

基本的に、マイクラへMODを入れる際には前提MODが必要となります。

しかし、Shaders MODであるOptiFineは、その性質上、バニラに直接入れることも可能です。そのため、影MOD (Shader Packs) をマイクラに適用することだけを考えているならば、前提MODは不要です。

スクロールできます
「追加するMODは影MODだけ」という場合OptiFineを入れれば、前提MODは無くても良い。
「影MODの他にMODを入れる」という場合前提MODが必須。
「後から影MOD以外も入れるかも」という場合前提MODを入れておいた方が後で楽できる。
前提MODが必要なケースとは

そもそも前提MODが何かわからないという方には、こちらの記事がおすすめです。Minecraft ForgeとFabric & Fabric APIの違いについても解説しています。

前提MOD Minecraft Forgeの入れ方がわからないという方には、こちらの記事がおすすめです。

前提MOD FabricとFabric APIの入れ方がわからないという方には、こちらの記事がおすすめです。

Shaders MOD(軽量化MOD)OptiFineの導入

影MODはマイクラの画像処理に大きな負荷をかけます。そのため、軽量化MODであるOptiFineの導入は必須です。また、昨今のOptiFineはShaders MODとしての機能も担っているため、必ず導入するようにしましょう。

OptiFineの入れ方については、こちらの記事で解説しています。

影MOD BSL (BSL Shaders) の入れ方

事前準備が完了しましたら影MOD BSL (BSL Shaders) の導入を行いましょう。

影MOD BSLのダウンロード

下記リンクよりBSL Shadersの配布サイトに移動してダウンロードの作業を行います。

  • 「緑R」はrecommended、「青B」はbetaの略。
  • 「Description」ページにはBSL Shadersの簡単な説明があります。詳細についてはこちら

基本的にShader Packsは一番新しいバージョンのrecommended版を導入しておけば大丈夫です。Minecraft本体とバージョンを合わせる必要もありません。

「Main File」にある「BSL vX.X.XX」の「(↓)Download」をクリック。ダウンロード画面が表示されます。

画面中央のカウントが0になりダウンロードが完了するのを待ちます。ウィンドウ左下に警告が表示された場合は、警告内容を十分に理解したら「保存」をクリック。

BSL Shadersのダウンロードは完了です。

影MOD BSLのインストール

先程ダウンロードしたzipファイルをMinecraftにインストールします。

Minecraft Launcherを起動して、Shader Packsを入れたいプロファイルを選択して「プレイ」をクリック。

「設定」→「ビデオ設定」→「シェーダーの詳細設定…」の順にクリック。

シェーダーの詳細設定にて「シェーダーフォルダー」をクリック。

フォルダ画面が表示されるので、その中に先程のzipファイルを放り込む。

すると、シェーダーの詳細設定画面内の内部シェーダーという箇所に「BSL_vX.X.XX.zip」が追加されます。

影MOD BSLをMinecraftに適応させる

これまでの作業で影MODの導入は完了したのですが、最後にShader PacksをMinecraftに適応させる必要があります。

シェーダーの詳細設定画面にて、「BSL_vX.X.XX.zip」と表示されている箇所をクリックしてください。

Minecraftの再読み込みが行われ、このような画面になったら成功です。

before
after

「完了」を押して行き、「シングルプレイ」から適当なワールドで遊んでみてください。

影MODが適用されたマイクラが表示される筈です。

表示されない場合は、これまでの手順のどこかで不備があったものと思えます。手順を遡りながら原因を探るか、再度、「Minecraftの動作確認」から行われることをおすすめします。また、お急ぎでない場合は、記事下部にあります「コメントエリア」より症状及び疑問点をいただければ、確認次第ご連絡いたします。

  • お返信には最大で1週間かかる場合がございます。
  • なお、コメントをされる場合は本記事をブックマークしていただき、定期的にコメントエリアに返信が無いか確認してください。
  • 全てのコメントに対して、必ず返信することは確約できません。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメント一覧 (12件)

  • またまた質問なのですが、NVIDIA GeForce GTX750はRadeon RX570 8GBと互換性がありますでしょうか?
    調べてみたところあまり情報が得られませんでしたのでお答えいただけると幸いです。
    PCの構成としては
    CPU:Intel Core i3 10100F
    GPU:Radeon RX570 8GB
    マザーボード:ASUS PRIME H410M-A
    メモリ:2666MHz 8GB×2
    SSD:2.5インチSSD 240GB
    電源:500W 電源
    ケース:Thermaltake Versa H17
    以上です。
    長くなり申し訳ないのですが上記の構成で影響がなく、代替したことで問題が起こるのなら教えていただきたいです。 プレイゲームはApex legends・minecraftを予定しています。
    個人的には容量が心配で、メモリなど容量を大きくしたもの(コスパ最強!)をご存知であれば教えていただきたく思います。
    長文失礼しました。
    よろしくお願いいたします。

    • RX 570の方がベンチマークテストでも性能が良いようですし大丈夫ではないでしょうか。またRX 570にてApexとMinecraftの動作テストをされている海外の方の動画がいくつかありますが、FPSも問題なく出ているようです。

      それとグラボの互換性の話はグラボとマザボのPCIExpressの話でしょうか?それでしたらRX570とASUS PRIME H410M-AのPCIExpressを調べられると良いと思います。
      (「BSL ShadersがRX 570で使用可能か」ということでしたら、使用可能なようなので問題ありません)

      メモリに関しては16GB 1枚よりも8GB 2枚の方がデータ転送が理論値で2倍高くなるということだった気がするので問題ないように思えます。

      SSDに関してはApexが30GB?、マイクラはMOD無しで2GB?とかだった気がするので、仮にOS(Windows10で120GBほど)をSSDに入れたとしても何とかなると思います。

      • ありがとうございます!!!私の確認不足でわざわざ確認してもらいすいませんでした...
        結論としては、この構成で問題ないようなので組むことにしたいと思います!
        また、MODやらなんやらでお世話になることがあると思うのでその時はよろしくお願いいたします!
        結構な頻度で質問・閲覧させていただくので(?)これからもブログ頑張ってください!!

  • 初コメ失礼します。最近自作PCでjava版のマイクラを動作させてみたいと思っているのですが、BSLshaderを入れても快適に動作するスペックを考えています。SENさんならどのような組み方をするのか教えていただきたいです。(要はPCの構成を考えてもらいたいってことです)
    予算は3〜5万台を考えています。
    よろしくおねがいします。
    長文失礼しました

    • コメント拝見しました。
      自作PCを組んだ経験がないため、確かなことは言えません。あくまで一例としてお読みください。

      マイクラでBSL Shadersを動作させるためのスペックとして、BSL公式ではグラボが「NVIDIA GeForce GTX750」以上とされています。
      これを前提にマイクラを60FPS以上である程度快適に動作させる、かつWindows11のことも考えると

      ・CPU
       1.ゲーム実況・動画編集をするなら「Core i7」以上または「Ryzen 5」以上
       2.妥協して安くするなら「Core i3」または「Ryzen 3」以上

      ・メモリ
       1.影MODを入れながら、Youtubeやブログを見たい場合は「16GB」
       2.マイクラをある程度快適にプレイするなら「8GB」

      ・グラボ
       1.ある程度の快適さを求めるなら「GTX 1650」以上または「RX 570」以上
       2.ギリギリを攻めるなら「NVIDIA GeForce GTX750」
       3.快適さと安さを両立させるならば上記1、2の間

      ・ストレージ
       SSD 500GB以上(250GBでも良いかと思いますが、マイクラ以外のゲームもされる場合は厳しいと思います)

      といった感じでしょうか。

      それと予算3~5万でどの程度のPCが組めるのか詳しくはわかりませんが、体感として予算3万台はかなり厳しいのではないかと思います。
      しかし、あくまで素人意見なので、PCパーツ専門店の店員さんなどに確認された方が良いと思います。

      現在はグラボの高騰やWindows11への移行など、考慮しなければならない点が数多くあるかと思います。
      BSL Shaders自体はグラボが「NVIDIA GeForce GTX750」以上であれば動作します(勿論マイクラを動かせるスペックがあること前提で)。
      なので、グラボは「NVIDIA GeForce GTX750」以上ということだけを覚えておき、お近くのPCパーツ専門店などでより詳しい方に相談に乗っていただくことをおすすめします。

      自作PCへの知識が乏しいためお力になれず申し訳ありません。
      ポン酢さんが良いPCと出会えることを願います。

      • 確認がものすごく遅くなりすいませんでした!!!
        自作PCでBSLshader動かせたら良いなと思っていましたが、厳しそうです...
        返信していただきありがとうございました!
        また、質問させていただきます!!!

        • お力になれず申し訳ありません。
          はい、また是非、当サイトをご利用いただければと思います。

  • 他のMODはいれないのでoptifineとシェーダーだけ入れようと思うんですが、どんなシェーダーをいれてもクラッシュしてしまいます。
    なぜでしょうか、、、

    • 状況の把握のためご使用の環境について教えていただきたく思います。
      ・OSの種類
      ・Minecraftのバージョン
      ・OptiFineのバージョン
      ・使用しているグラフィックボード
      ・使用しているCPU
      ・試してみたシェーダーパックの名称

      お手数おかけしますがよろしくお願いいたします。

    • 基本的にはzip形式を推奨します。
      展開して入れることも可能ですが、環境により影MODとして認識されない場合があります。

      また一部の影MODについてはダウンロード後、一度解凍する必要があります。
      chocapic13などは、複数のバージョンが一つのzip形式に圧縮されているため、ダウンロード後は一度解凍し中から目的のバージョンを探し認識させる必要があります。

コメントする

※スパム対策をしております。コメントは日本語で入力してください。

CAPTCHA

目次
閉じる